ドクターQ -私、失敗しないので。-

工学部卒業後、学士編入学。心臓血管外科医になったQのブログ。

タグ:外科医

今日の手術
TS-TAVI(経鎖骨下動脈アプローチ経カテーテル大動脈弁置換)でした
Qちゃん一緒に入ろう
と上司に声をかけていただき
(本当にここの医局の先生方は面倒見がよい)

SCAカットダウンを行い
タバコの糸をかけた

TAVIは内科が主体に行っており
ここからは内科の先生
6mmの血管に18Frのデバイスが入るのは恐ろしいことで
そんなに無理にカニュレーションされた感はなかったが

解離してしまった

遮断し内膜固定するも
結局recoverしきれず
中枢側に解離が残存してしまった
修復している間
大勢いた内科の先生は下っぱの先生を残してはけていった

末梢側に血流あることを確認できたため
obserbationとなったが

内科医が主導権を握り
TAVIから外科医が離れていくことに危機感を感じた1例だった 

内科独特の雰囲気に飲まれたのもあり
今日はとても疲れた
今日は忘年会だが 
私は片田舎の病院で当直中 

疲れた気持ちを紛らわすように
論文ワークに打ち込むべし

そろそろ9月に行われるChallenger's Liveの予選に向けて練習をせねばならない
(本来年中行わなければならないものなのだが)


論文

手術(の練習)

今はあまり手術の経験は無いのだが
それでも、やるべきことが山積みだ


幸い我が施設は恵まれており
カンファレンスルームに練習機器の備え付けがある

ビートくん
というOPCABGのドライラボキット
で練習をしている

IMG_5677

Toeのfar side側1針とnear side側1針が dog earになってしまった
実際ならば出血するであろうと
追加で同部位に1針ずつ追加針をかけた

毎日1吻合をするように心掛けている
仕事終わりに縫うのが
今の楽しみのうつの一つであり

自分が外科医であったことを思い出す
(一応外科専門医は持っているので)


ビートくんに備え付けの模擬血管だが
実際の冠動脈よりも脆弱であり 

はるかに縫うのが難しい


質感も異なるので
冠動脈を丁寧に扱う練習にはなるが

変な癖が付く可能性もある


豚の心臓は人のそれに対してかなり解剖学的に似ていて
我々はウェットラボとして
豚の心臓を用いることが多々ある

coronaryの練習の際は、豚の頚動脈がグラフトに近く
頚動脈-冠動脈バイパスを
模擬練習として行う

challenger's Liveの予選会、本選会ともに用いるのは豚の心臓である

ビートくんのグラフトはどうしても実際よりバイトを厚く取らないと
裂けてしまうので

バイトの感覚を失わないよう
たまには豚さんで練習しなくてはならない 

キットは沢山あるのだが
7-0の糸 がなくて困っている
手術が終わった後に
未使用の余った糸を譲ってもらうのだが

糸が不足していて思うように練習ができない
買うと高いしなーー 



If I miss one day's practice, I notice it.
If I miss two day's practice, the critics notices it. 
If I miss three day's practice,the audience notice it. 

いい言葉です

いつか訪れるであろうチャンスを掴むために
練習しましょう 

どーも ドクターQです
最近更新が滞っております

仕事が進んでいないのに
いつの間にか時間がなくなっている 
 
論文2つを今校正中ですが、これがなかなか進まず・・・
自分の中で締め切りを本日に設定しています



さて、よく絵の上手い人は手術も上手い??といいますが
実際のところどうなのでしょう?

外科医がみんな絵が上手かと言われると

結論から言えばそうではないと思います




では、絵が下手な外科医は手術も下手かというと

全くそのようなことはありません
例えばうちのボスの手術記録は絵は

小学生の落書きのような 絵ですが
(これはオフレコですが ( ̄b ̄) シーーッ!

手術はとっても繊細で
上手です

外科研修時代にお世話になった
病院の某課長は
プロ並みに手術の絵がうまく
色鉛筆で色も塗ってましたが

これがまたアーティスティックで
ポストカードにして飾りたいくらいでした

手術も上手



絵が下手でも手術は上手い人はいるが
絵が上手で手術が下手な人はいない

というのが結論です
 

どーも、こんばんわ
名称未設定

ドクターQです(*・ω・)ノ

昨日は、外科4科合同説明会でした

我が医局はお酒が飲めない、もしくは飲むのは好きでもしっとりと淡々と飲む人が多く
心臓血管外科医のお酒の飲み方はエレガント
と勝手に思っております

お酒が好きで、強いとよく言われる私ですが、
最近滅法弱くなりました

一方、一般外科の先生方の豪快さには驚きました

常にハイテンション

自分はここの卒業生ではなく
他科の先生のことはよく存じ上げてなかったので
なかなか新鮮でした


体調が優れなかった割には
二次会まで参加し

そろそろお開きになるかと思うタイミングで
1時くらいに途中でお暇しました

・・・がなんとその後三次会まであったそう
夜中の3時くらいまで飲んでいたとのことで

その翌日普通に仕事できる体力もすごい

若いってすごい
(果たしてあの人たちが本当に私より若いのかは知らないが)

このページのトップヘ