ドクターQ -私、失敗しないので。-

工学部卒業後、学士編入学。心臓血管外科医になったQのブログ。

タグ:心臓血管外科

日々モチベーションを保ち続けるのはなかなか難し
今年も申し込むことにしました

チャレンジャーズライブ
CABG(冠動脈バイパス術)の血管吻合コンテスト

参加条件は卒後10年目までの若手医師
心臓血管外科会のM-1グランプリみたいなものですね
 

2016年から挑戦し始め、2017年は決勝進出することができました
↓決勝の様子は下記でレポートしてます
http://lethargicseal.xyz/archives/55300035.html

今年こそ!!
 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1fef


どーも、お久しぶりです
ブログを更新するのは意外にも当直中が多いドクターQです


6月中に
EACTS(Europian association for cardio thoracic surgery)の結果がわかるというので
毎日、期待半分にメールをチェックする日々でしたが

今年も落選


残念!!


I write to inform you that, unfortunately on this occasion, your abstract ‘000580 - Sarcopenia Assessed by Quantity and Quality of Skeletal Muscle as a Prognostic  Factor Undergoing Cardiac Surgery' was not selected for presentation at the 33rd EACTS Annual Meeting, in Lisbon, Portugal.  

This year we received nearly 1300 submissions and we were only able to select approximately 375 (29%).

やはり難しいーー
私がアプライしている学会で最も採択率が低い学会でもある
その反面引越しで思いの外出費が多くなりそうであったので
今年に限っては少しほっとしたというのも正直な感想です

因みに今年はリスボン(ポルトガル)でした
なかなか行く機会も少ないので行ってみたいなと思ってたのだけど
学会でもないとリスボンには行かないだろう

まあ、気をとりなおして、他にかかている論文もあるので、作成に励むことにする。

こんばんわ。ドクターQです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ff1


下に研修医がつくととても癒されます

今は特に
心外志望ではないコがついているので


悪いところは見せられないという
プレッシャーも無く

誤魔化すことなく
全てをありのまま見て
ありのまま語ってます


外の空気を吸いたかっただけなのかもなーー

来月からいなくなってしまうので
窒息してしまうのではないか心配


ここで新しいことを学び習得するのは
難しい


うちの医局の唯一の売りは
国内留学できること


それって売りなのか?


さみしいことだね


ようやく、あと3ヶ月
大阪行きは楽しみ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ff1

今日の手術はTARでした。
手術に入ることは少ないのですが、大血管の手術に入ることは特に少ない。
ポンプを組むところまでは興味津々でしたが、後は結局同じ作業の繰り返しだなあ。

っと脚側から眺めていました。

オペレーターは某血管外科の有名な施設から来た先生
開心術の経験は少ない
カニュレーションまではたどたどしかったが

いざ剥離と吻合となったら、手馴れたもので何の問題もなかった
やっぱり経験って大切なんだなあ

一生懸命ドライラボで練習してても

手術は
毎回久しぶりじゃ・・・ちょっとね


では、開心術も、大血管も、末梢血管も
経験の無い私はどうなるんだろう?

辞めろってことか???(*゚∀゚)っアハ


・・・・と考え込んでたところで
寝たらあかんで!!

と叱責された


諦めの境地か
あまり細かいことが気にならなくなったが


開心術ができるようになりたくてここに来たそうだが
そんな彼も開心術は
久しぶりで(いつも手術してる先生がたまたま休暇中)

果たしてできるようになるのか!?
できるようにならないのに
ずっとここにいるのかなぁ?

私は諦めないよ 

名称未設定


血管外科学会も終わり
時間に余裕が出てきた

当面の目標は(短期)
和文の症例報告(2報)を仕上げること

本日は手術も無いので論文作成に時間を費やす予定


1報目完了しメールでチェックしてもらうべく上級医に送信
さてほとんど書き上がっている2報目の修正作業に入り、referenceの検索をしていると

かなり似ている症例が
Rubinstein Taybe症候群に 大動脈二尖弁合併

珍しい
内科の雑誌である







・・・手術もしている?(゚д゚?



よく見ると






あれ?私の名前が入っている!!? ΣΣ(゚д゚lll)



うちの内科の先生が私が外病院で研修しているうちに
症例報告してしまったようだ


教えてくれてもいいのに!! (`-´メ) プンップンッ
担当医は私だったのに!

気を取り直して
違うネタで出直すことにした

このページのトップヘ