ドクターQ -私、失敗しないので。-

工学部卒業後、学士編入学。心臓血管外科医になったQのブログ。

タグ:手術

以前の施設では外勤は内科の外来を主にやっておりましたが
こちらに来てからは手術の手伝い、外科当直が主に外勤先での仕事内容になります
こちらに来てからは手術に従事する時間が4-5倍くらいになりました

今日初めてきた某病院は
最寄り駅から車で10分、20分というまあまあ辺鄙なところにありますが
建物はとてもきれい
大阪なので駅から遠くても人はたくさん住んでおり
まあまあ流行ってそうでした

行路も1車線の細い道路が(どう見ても裏道のような路だったが) 
大渋滞していた

で、、、どんなことをするのかと思ったら
胸部ステントグラフト術後感染、ステント抜去、下行置換、大網充填

初めて来た施設でいきなり前立ちをしました
今までいた施設とは雲泥の差ですな

しかも偉い先生たちのよく働くこと
部長クラスの先生たちが
手術も術後管理もself organize

しかも何故かこの大学関連病院の先生たちは
穏やかで、親切で、面倒見もよく、よく働く
旦那の職場も近いので将来働いてみたいな、と思いました 

大阪に引っ越してもうすぐ一ヶ月が経とうとしますが
まるで違う国に来たようだ

価値観をともにする仲間と
素晴らしい上司、環境

今まで認められなかった努力は早くも認められ
(というか、治療に対して責任を持つことは当然のことなので努力でも何でもない
勿論手術だけでなく術後管理も治療です!)

一人ひとりが責任感を持って
治療を行っているので

放置されている患者もおらず
頼まれる仕事が少ない

受け持ち患者だけに集中できるのは
とても効率がよい


今まで何だったろう?
中国からハワイに移住したようだ
話す言葉も文化も価値観も違う

今のところここに永住したいと思う

51184-01

今日の手術は
弓部置換+オープンステントグラフト+TEVARでした
TAR+OSG藤本一恵20180215-blog用


第2助手

operatorは我が医局のエース
Doctor.T
学年は私の2個上


我道を征くDoctor.Tは
一人で左Axを確保し、その後左FAを確保し

一人でAxの吻合を済ませ

その間supervisedのDrは現れることはありませんでした
また(supervisedのDrと)喧嘩でもしたのか 

FAの確保くらい私が同時にやったほうが早いのではないかと思ったのだが


よく意図がわからなかったので
察そうとすることさえも面倒だったので
言われる通りにしました


途中でsupervisedのDrが様子を伺いに現れると
ポンプが乗ってから来て下さいと指示


それまで前立ちをしましたが
TARの前立ちはほとんど未経験だったので

とても勉強になりました
剥離の際の視野出しなど
地味だが、意外に難しかった
第二助手していると
大体いつもこのタイミングで脳分離を組んでいるので見ていない


決して後進の育成のために
こうしたわけではなかろうが

結果、勉強になった手術でした


今日は外勤日
昼休みを利用して

内科のK先生と

鰻を食べに行ってきました

住宅街の中の1軒屋
地元民でなければ、なかなかここには辿り着けないでしょう
平日のお昼にも拘わらず、予約がとれず直接行って並びました

IMG_5947


暑かったのでビールが飲みたくなり
もちろんノンアルコールビール


IMG_5948

美味し!!
身が軽やかでふんわりと柔らかい。

今まではサクサクっとした関西風が好みでしたが
ふんわりと蒸された関東風もこれなら美味いです。

特上4800円也
田舎ではなかなか高級な値段設定だが
味はお値段以上

ちなみに上は
養殖鰻らしい

私は食べたことないのだが
味もぜんぜん違うとK先生は言っておりました

隠れた名店でした。


うなぎのうなけいうなぎ / 栃木駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

手術記録の描き方

特に教わったことはありませんが
先輩医師を真似して、なんとなく描いています


こんな感じで ipad pro で
VSPclosure20180210
endoatelectomy20180323


数年前の心臓血管外科学会で
手術記録の描き方というワークショップが大人気だったこともあり




忙しいしこんなことに時間を割くべからずと思うより
意外にこだわりをもって描きたいと思っている外科医は多いよう
 

我が医局のエース
Dr.Tは

手術記録をきれいに描きたいと
絵を習いに行ったことがあるそうです

→手術も上手です


結局
絵が上手いか下手かでなく
こだわり(ポリシー)を持って突き進んでいる外科医は

手術が上手いということなのかもしれませんね

 

このページのトップヘ